まとめ記事

ブルゴーニュワイン選びで失敗しないためのたった一つのポイント

「ブルゴーニュワインを飲みたいけど、自分で選ぶのは難しいな・・・」
そう感じたことはありませんか?

この記事を読めば、ブルゴーニュワインにどんな魅力があるのか、どうやってワインを選んだらよいか分かります。

そのために、お伝えすることは以下の通り。
・ブルゴーニュワインの魅力
・ブルゴーニュワインを選ぶポイント
・ブルゴーニュでおすすめのワイン

読み終わる頃には、ワイン選びに悩むことはなくなりますよ!

ブルゴーニュとは?

世界のワイン大国フランス。
その中でも二大生産地と呼ばれ、特に人気を博しているのがボルドーとブルゴーニュです。

でも、この2つで造られるワインは全くの別物なんです!

ボルドーワインとの違い

ボルドーは複数のブドウ品種を混ぜてワインを造りますが、ブルゴーニュはほぼ一つのブドウ品種しか使いません。

ブルゴーニュのブドウ品種
赤ワインはピノノワール(たまにガメイ)
白ワインはシャルドネ(たまにアリゴテ)

ボルドーは複数品種、ブルゴーニュは単一品種、まずはこれだけ知っておきましょう!

テロワールを重視したスタイル

「同じブドウなら、どれも似たような味わいになるんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、ブルゴーニュは産地によってビックリするほど個性がバラバラです。
その理由はテロワールにあります。

いきなり知らない言葉が出てきて困惑するかもしれませんが、テロワールとはワインの質を左右するあらゆる条件のことです。

土の成分や日当たり、気温など、わずかな違いがワインに唯一無二の個性を与える。
シンプルかつ奥が深いのが、ブルゴーニュワインの最大の魅力です!

価格が高騰している

ブルゴーニュは年々価格が高騰しています。
なぜかというと、優良な畑を子孫に受け継ぐためには高い相続税がかかります。
そのためにワインを高く売る必要があるのです。

でも、そんな状況でもブルゴーニュを好んで飲む人は多い。
それだけ魅力的なワインだというのが伺えますね!

ブルゴーニュワインの格付け

ブルゴーニュには独自の格付けがあります。
上になるほど生産量が少なくなり、もちろん値段も高くなります。

最初はランクが4つあるんだな、くらいにざっくり覚えておけばOKです!

ブルゴーニュワイン6つの地域

初心者がブルゴーニュワインを選ぶ上でもっとも大切なこと…
それは地域ごとの特徴を知ることです。

自分のお気に入りの産地の名前を知るだけで、グッと覚えやすくなりますよ!

ここではそれぞれのワインの大まかな特徴を紹介します。
「自分はどんなワインが飲みたいだろう…」と想像しながらみていってください。

ブルゴーニュ 地図

シャブリ

ブルゴーニュで一番北の地域です。
冷たい気候と石灰質土壌(キンメリジャン)によって、キリッとした辛口の白ワインが造られます。
魚介類と合うため、日本でも人気のワインです。

おすすめのワイン

コート・ド・ニュイ

赤ワインの真骨頂ともいえる地区です!
かの有名なロマネ・コンティをはじめ、愛好家の注目を集めるブルゴーニュの主人公のような存在。
ただし、ワインの値段は高くなりがち。

主な村名ワイン

ジュヴレ・シャンベルタン
英雄ナポレオンが愛したといわれるワインで、非常に力強い味わいのワインです。
シャンボール・ミュジニー
ここのワインはブルゴーニュでもっとも個性的だといわれています。
ヴォーヌ・ロマネ
ロマネ・コンティのある村で、上品かつ柔らかい味わいのワインを造っています。
ニュイ・サン・ジョルジュ
この地域では比較的手頃ですが、上品な味わいのワインです。

おすすめのワイン

コート・ド・ボーヌ

白ワインの真骨頂ともいえる地区。
なぜなら、モンラッシェやコルトン・シャルルマーニュ、そしてムルソーなどの高級白ワインの産地が集まっているから。
ひっそりとコスパの良いワインを造っている村もあり、こちらも目が離せないですね!

主な村名ワイン

ムルソー
高級白ワインの一角で、こってりした味わいで親しみやすいワインです。
ピュリニー・モンラッシェ

高級白ワインの代名詞。隣のシャサーニュ・モンラッシェ村とグランクリュを共有しています。
アロース・コルトン

高級白ワイン、コルトン・シャルルマーニュを造っているのはこの村です。
ヴォルネイ

ワイン造りの歴史が長く、値段に見合った良質な赤ワインが造られています。

おすすめのワイン

コート・シャロネーズ

コート・ド・ニュイやボーヌと比べ、マイナー扱いされている地域。
でもその分、お手頃な値段で楽しめるのが特徴です。

主な村名ワイン

ジヴリ
安いものだと2000円台から買える。ハーブのようなスッキリした味わいのワイン
ブーズロン
ブルゴーニュで唯一、アリゴテを使った村名ワインを造ることが許されています。

おすすめのワイン

マコネ

シャブリと同じシャルドネを使った白ワインが特徴。
でもこちらは南の温暖な地域で、よりまったりとしたワインが造られています。
値段が手頃で、しかも飲みやすいので初心者にもとっつきやすい。

主な村名ワイン

プイィ・フュイッセ
この地域だとダントツで人気の産地。酸味と円やかさのバランスが取れたワインです。

おすすめのワイン

ボジョレー

ガメイを使った軽めの赤ワインが特徴。
ピノノワールほどの人気はない分、手頃な価格で楽しむことができます、
毎年11月の第3木曜日に出荷される、ボジョレーヌーヴォーも有名ですね。

おすすめのワイン

まとめ

いかがだったでしょうか。
飲んでみたいワインは見つかりましたか?

まだまだ書けてないことも沢山ありますが、分かりやすくするために省略しています。

「ブルゴーニュワインをもっと語れるようになりたい…」
そう思っている方は、こちらの記事も読むとグッと知識が広がりますよ!

[st-card myclass=”” id=”5106″ label=”” pc_height=”” name=”” bgcolor=”” color=”” fontawesome=”” readmore=”on” thumbnail=”on” type=””]
ABOUT ME
kazu
95年生まれ。自由を追求するフリーランス。趣味はもちろんお酒を楽しむこと。飲んだウイスキー&ワインを紹介しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です